日本建築の床の間と縁側と雨戸と網戸やドア

注文住宅の家づくりは、洋風デザインが多いですが、必ずしもすべての人たちがそうしたデザインを好むわけではありません。やはり日本建築といえば瓦に畳の部屋というスタイルであり、長く住むほどに魅力の出る独特の建築スタイルや建具は大きな魅力です。落ち着きのある佇まいは日本建築の誇りでもあり、注文住宅ではいろいろな部分をこだわりたいでしょう。その中で、床の間、縁側、雨戸、網戸、そしてドアに注目してみましょう。

床の間は、和室の中でも一段高くなっている部分で、独特の風情を出す空間です。生け花や書道、また伝統的な日本の文化を習得している人たちには是非とも欲しいと思うことでしょう。床の間を作ることで、和室は少し狭くなるかもしれませんが、おもてなしの間や仏壇置きとしても活用が可能であり、掛け軸や生け花を飾ることで、和室が華やかになります。

縁側もやはり作りたい部分の1つです。というのは縁側があることで、そのスペースが、家族が集まる場所になったり、庭の黒松や草木を眺める良いポイントにもなります。夏は涼しいし、冬は暖かい省エネの効果を出してくれます。そして家の和室と縁側をフラットにすることで、開放感のある空間に見せることも可能であり、和室の魅力をさらに高めることにつながるでしょう。

雨戸は、最近付けない家が多くなってきていますが、日本建築の伝統の1つです。雨戸を付けることで、雨風を防ぐこと、室内からしか開錠ができないので、防犯という面でもかなり優れています。断熱材の入った雨戸などもあり、そうした効果を期待できます。

網戸に関してはどんなことが言えるでしょうか。空気を入れ替えたり、自然の風を家の中に取り込んだりするのに、網戸があれば虫や害虫が入らないというメリットがあります。最近は耐久素材のものや虫を寄せ付けない素材のものも出てきており、網の目の細かいものなどがあります。

最後にドアですが、スライド式の引き戸や開き戸といったタイプがあり、メリットデメリットを考慮し、そして家の内観に合うようなタイプのものを選びたいものです。襖や障子、間仕切りとして役割を果たしてくれる建具選びはとっても楽しいです。玄関ドアは、日本建築であればスライド式が似合うかもしれません。和モダンのデザイン性のあるものも近年人気が出てきています。

日本の伝統や文化を継承する日本建築に欠かせない床の間、縁側、雨戸、網戸、そしてドアといった建具を厳選し、充実感のある家づくりをしましょう。