土地を見つける方法

最近、住宅内を細かく区切らないで家族の共有スペース重視した間取り好まれる傾向にあります。そのため階段を廊下でなくリビングに取り込んだリビング階段が人気です。

2階へ行き来するために必ずリビング通ることとなって、家族が自然に顔合わせることを確保できます。一例に思春期の子供がいつの間にか出かけたなどのトラブルを防ぎやすいです。デメリットは直接2階に上がれなく、急な来客時生活感あるリビングが丸見えになるケースがあります。リビング階段ある住宅はダイニングやキッチンを1つにした間取りが多くて、料理のにおい2階にのぼりやすくなったりします。

そして、健康な成人にとってさほど不便を感じない階段でも子供、高齢者にとっては使いにくいリスクがあるので注意しましょう。デザイン性の高い階段の中で手すり、階段の間に大きな空間あるケースがあって、小さい子が転倒する危険があります。隙間ないデザインを選んだり、子が大きくなるまで転落防止ネットを設置したり安全面を配慮して下さい。そして足元を照らす照明の設置も大事です。また自由度が高く、思い通りの家建てられるのが注文住宅も魅力です。

ですが、土地探しからしなくてはならず、途中で断念して建売住宅購入へ変更する方も決して少なくないです。せっかくの計画途中でやむなく方向変換せざる得ない理由は、その進行がうまくいかないことにあります。そして、注文住宅建てたいといったときは、まずしっかりと計画を立てましょう。土地や建物に関して手続き常に並行して土地探しをしなくては途中で投げ出したくなるぐらい行き詰ります。まず必ずエリアを決めてください。住み慣れたエリア限定、新天地でもいいかなど、大まかなエリアを絞りましょう。そうしないと土地探しを依頼する不動産会社選べなくて、なかなか前に進まない状況になります。そして、土地探しの前段階でしっかりした資金計画が必要であり、不動産会社を訪問して注文建築用の土地を~千万円の予算で探していると依頼しても、その通りの土地はなかなかみつからなかったりします。漠然とした予算のまま探すと土地購入費が全体の予算を圧迫して計画している建物を建てられない事態も起きてしまいます。資金計画きっちり定めると不動産会社も不具体的予算を提示できて、準備しっかりしてなくては予算超える価格の土地案内をされて、気に入って建物の建築費に回せないことがあったりします。